-床下の仕様について・・・-

(株)後藤住建の後藤です。

K様邸の屋根工事が終了しました。

平屋で80坪以上で

屋根工事もいつも以上に日数を要しました。

アクセントは多角形の屋根部分です。

大工さんは現在床下の工事にかかっています。

家の耐久性を考えますと

土台と基礎部分がポイントになります。

一般的には「土台ガード」が多く用いられます。

防蟻効果や基礎からの湿気をガードしてくれます。

基礎の上に直接土台を置くと土台の為には

非常に良くありません。

K様邸では、外壁が煉瓦積みなので

通気工法として土台パッキンを採用しています。

お施主様からのご要望でパッキン材には

白御影石を使いました。

石と木(土台)は非常に相性が良いです。

・・・・後藤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)