●伝統構法にも耐力壁

重伝建の補助金で伝統構法の住宅を修理しています。

伝統構法の建物は、免震的な構造とされ

地震力を逃がすと言われていますが

地震時に建物が揺れるのはやっぱり良く無いと思います。

地震力を逃がす際に、土壁はほぼ落ちてしまいます。

壁を家曳きで真っ直ぐに直したので

壁に「耐力壁」をバランス良く配置しました。

免震よりは耐震構造を考えるべきと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)