-自然素材の下地のメリット・デメリット-


(株)後藤住建の後藤です。

K様邸では仕上げ材&下地材を

含めて自然素材の

健康住宅仕様になります。

写真は床下地の杉板になります。

一般ではコンパネや合板が多いですが

これらの接着剤には

科学物質が含まれています。

杉板は調湿性にすぐれ

健康な環境を作ってくれます。

しかしデメリットとして

調湿つまり・・・・湿気を吸ったり&掃き出したり

してくれるという事は

杉板自体が反ったり・膨張&収縮したり

変形を伴います。

最悪、床が反ったりする事も考えられます。

写真の床下地は裏側に鋸目を入れていて

そのような変形が起こらないようにしています。

只 大工さんの手間は大変だと思います。

・・・・・・後藤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)